墓じまい・手元供養・掃除

『墓じまい』について

「墓じまい」とは、古くなったお墓や、管理出来なくなったお墓を撤去して、ご遺骨を新しい場所で供養することをいいます。

『お墓を見守っていく後継者がいない』『お墓が遠くて、キチンとご供養してあげれない』

という方がほとんどです。

墓じまいという言葉には、『ただお墓を片付ける』という意味ではなく、『キチンと供養できるかの不安を終わらせて、より良い手厚いご供養をする』という意味がこめられています。

では実際、『墓じまい』とはどういう手続きをすればキチンとできるのか?

 

  1.遺骨の行き先を考える

   これまで埋葬・埋蔵されていた遺骨の行き先を考えます。

 

 

  2.改葬の手続きをする

     遺骨を移動することは、正式には「改葬」といい、市区町村の役所が発行する「改葬許可証」がなければ

    遺骨を取り出すことはできません。(手順に関しては後述にて記載)

      ※土葬の遺骨があった場合、受け入れ先の墓地で土葬の遺骨の埋葬を禁じていることが多いので、

    火葬が必要となります。その際は、役所へ改葬許可申請書を提出する際に火葬許可証の発行を求めます。

 

 

  3.遺骨を取り出す

     日時を決めて、遺骨をカロート(納骨室)より取り出します。抜魂法要などを営むこともあります。

 

  4.墓石の撤去工事を行う

     墓石を撤去し、整地して更地の状態で墓所区画を返却します。

 

 

  5.新しい供養先に大切な家族を納骨する

     永代供養付合同墓『天上の碑』

     永代供養付樹木葬『桜泪葬』・『花陽葬』

     永代供養付墓石『寿光墓』・『凛硝墓』にご納骨となります。

 

改葬(お墓のお引越し)

すでに埋葬してある遺骨を別のお墓に移動したり、お墓そのものを別の場所に移転するといったお墓の引越しのことを「改葬」(かいそう)といいます。
もともと田舎の墓地にお墓があり、お参りに行くのに遠くて大変だとか、交通の便が悪い、などお墓の場所を変えたい場合に改葬します。改葬するには、書類を集めたり申請したりといろいろな手続きが必要になります。
詳しくは下記に掲載しています。
また、火葬許可書や埋葬許可書なしでのご遺骨の移動は、法律で禁止されています。

お墓について、こんなお悩みはございませんか?

  • もっとお参りしたいけど、遠いからなかなかお参りに行けない・・・
  • 交通の便が悪いので、行くのが大変・・・
  • 都会暮らしが長く、将来も田舎には帰らないのでお墓をどうしたら・・・
  • 自分の親だから遠くても墓参りに行くが、土地になじみの薄い息子たちは行くのだろうか・・・
  • 田舎の墓は親戚が見てくれているが、心苦しくて、どうすればいいのか・・・
  • 年を取ってくると泊りがけで帰省するのもひと仕事です。経済的にも大変だし・・・
  • 郷里の菩提寺で住職が代替わりして、縁もうすくなってきたし・・・

などのお悩みをお持ちの方は、お墓の引越し(改葬)を考えてみてはいかがでしょうか?

お墓の引越し(改葬)の種類

一言に「改葬」と言っても、以下のように何種類かの方法があります。

石碑も納骨しているお骨もすべて移動

現在建てている石碑も納骨しているお骨もすべて、新しい墓所へ移動させます。
現在の墓所は更地に戻します。

石碑は新しくし納骨しているお骨はすべて移動

現在建てている石碑は撤去し新しい石碑を用意し、納骨しているお骨はすべて新しい墓所へ移動させます。
現在の墓所は更地に戻します。
一番多いケースです。

複数ある骨壷の一部を移動

納骨しているお骨(骨壷)の一部を、新しい墓所へ移動させます。
石碑も新しいものを用意します。
現在の墓所はそのまま残します。

骨壷の中のお骨の一部を移動(分骨)

納骨している骨壷の中の御骨の一部を、新しい墓所へ移動(分骨)させます。
石碑も新しいものを用意します。
現在の墓所はそのまま残します。

お墓の引越し(改葬)に必要な費用と書類

費用

名称 いつ必要? 問い合わせ先
新墓地購入費用 購入時 移転先墓地管理者
既存墓地の整備費用
(墓石の撤去・整地)
移転後 移転先墓地管理者
改葬許可証発行申請費用 移転前 各自治体

必要書類

名称 いつ必要? 書類発行・問い合わせ先
埋葬証明書
(納骨証明書)
移転前 移転先墓地管理者
受入証明書
(永代使用許可書)
移転前 移転先墓地管理者
火葬許可書
(埋葬許可書)
移転前 自治体から発行する
※ 紛失時の再発行については親族を含む当時埋葬に立ち会った数人を集め、「現墓所に埋葬したことを証明」及び、立会人の印鑑が必要。(詳しいことは各役所にてお尋ねください)
改葬許可証 移転前 申請用紙は各自治体から

お墓の引越し(改葬)の流れ

1. 新しい墓地(移転先墓地)を相談

まずは、お気軽に株式会社メモリーズ寺院企画にお電話下さい。(0120-84-1483)
移転先墓地の希望条件や、予算などを相談。特に石碑の移動をお考えの方は、墓地の運営方針などにより、他所からの石碑の移設を受け入れない墓地もありますので必ずご相談下さい。

2. 新しい墓地(移転先墓地)を見学

お客様と相談した上で、ピックアップしたオススメ霊園を数箇所、現地見学。
実際に移転した石碑や区画などを見学し移転先墓地の候補を決めます。

3. 新しい墓地(移転先墓地)を決定・購入

申込み条件なども確認した上で移転先墓地の最終決定をします。
墓地代(永代使用料)と管理料を納め、「受入証明書(永代使用許可書)」の発行をします。

4. 日程の確定

完成予定日などを決めて工事契約をします。
移転元墓地の工事開始前に行う、改葬の為の供養や抜魂式の日程を決め手配をします。
移転元墓地の管理者にも日程を連絡します。

5. 「改葬許可証」の交付

移転元墓地のある市区町村役場から「改葬許可申請書」の用紙をもらいます。(基本的に遺骨1名様につき1枚必要)
移転元墓地の管理者に改葬の許諾を得て、必要事項を記入した「改葬許可申請書」に捺印してもらいます。
再び移転元墓地の市区町村役場へ行き、捺印された「改葬許可申請書」と「受入証明書(永代使用許可書)」を提出し、「改葬許可証」の発行をします。

6. 改装の為の供養や抜魂式

先に決めた日程で、改葬の為の供養や抜魂式を行います。

7. 移転先の工事を開始

8. 遺骨を搬送

9. 移転先のお墓の完成

10. 納骨式の日程を決定

法要をお願いする寺院の予約、花・供養などの納骨式の準備をします。(移転先の墓地の管理者に連絡)

11. 納骨式を行い終了

お墓をリフォームしたい

墓石が欠けたり汚れてきた・・・

お墓は比較的耐久性があるものですが、それでも長い年月の間には古くなったり、シミになったり欠けてしまったりするものです。
お墓のリフォームとは、墓石を新しくすることだけではなく、クリーニングをしたり、欠けている部分の補修をすることも指します。
建てられた時期、墓石の材質、技法などによってリフォームする方法も変わります。

こんなことができます

  • お墓のクリーニング
  • 付属品・装飾品の追加・交換(香炉・花立・外柵・玉砂利)
  • ご先祖さまのお墓をひとつにまとめる(合祀)
  • 石碑を組み直し・欠けた墓石の補修
  • 文字部分の化粧直し
  • 彫刻の追加(戒名の追加・家紋の追加など)
  • 石塔の建て替え

供花 (ご尊家様に代わり)

ご命日等 (年1回) 3,240円
祥月命日 (年12回) 36,720円

※ 回数等はご相談ください
※ 年間ご契約の場合 お盆には特別花を供えます

お墓のお掃除 (ご尊家様に代わりお墓をキレイに)

ご命日等 (年1回) 2,160円
祥月命日 (年12回) 23,760円

※ 回数等はご相談ください
※ お掃除終了後の際にはお線香を手向けます
※ お写真もお送り致します

供花とお掃除の年間ご契約パックも承ります

1年12回のお供え花とお掃除がつきます
毎月お墓のお写真を送らせて頂きます 48,600円 (8%税込)
当霊園以外でも受け賜りますのでご相談ください

墓石のラインアップ

  • 天上の区 永代供養墓・樹木葬
  • 華の区・四季の区
  • 彩の区・凛の区
  • 和の区・芝生の区
  • 通常区画

その他 樹木葬

  • 天理市青垣霊園 さくら廟
  • 京阪奈墓地公園 樹木葬
  • 九田寺 やすらぎの碑

阪南小川渓メモリ-ズパーク MAP